【心療内科Q/A】「『タイムスリップ現象』って何なのでしょうか?」【大人の発達障害】

A.

医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)です。

 

発達障害、特に自閉スペクトラム症(以下、ASD)の方の中には、

時として、成人した後も、驚異的な記憶力を持っている方がいます。

そして、その記憶というものは、「視覚的な記憶」であることが殆どです。

(そのため「カメラアイ」とも言われます)

 

私たちは「もっと記憶力が良かったらなぁ…」と試験前に思わない人はいないくらい、記憶力を求めます。

しかし、人が「記憶した事柄を忘却する」ということは一つのギフトでもあるのです。

 

カメラアイを持つ人は、優れた視覚的記憶力をいつまでも鮮明に記憶しておくことが出来ます。

その記憶は非常に細部に至るまで鮮明であり、

「タイムスリップ現象」においては、

「あたかもその場にいるかのように」突如として目の前に現れます

 

ここで現れる場面は、良い場面もあれば、嫌な場面(例:恥をかいた場面など)もあり、

「その人にとって印象的であった出来事」であることが多いのですが、

時として、余りにも頻繁に突如として再現されてしまう余り

今現在行っている事柄(仕事など)に支障が出てしまうこともあります

 

そして何より、ご自身にとって嫌な記憶を、

何度も何度も鮮明に追体験してしまうことは、

つらいことであるのは、言うまでもないでしょう。

 

ただ、PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは異なり、

このタイムスリップ現象でお悩みの方の中には、

投薬による治療が劇的に奏功するケースも多く見られます

同じく、ASD特有の「感覚過敏」についても、投薬により、かなりの緩和が期待できることが知られています

「これは自分にとって仕方がないことなんだ」と諦めず、

当院のような専門の医療機関にご相談されてみることをお勧めします。

 

今後とも、医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)を宜しくお願いいたします。

 

+3
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました