【心療内科薬紹介】「香蘇散はどういう漢方ですか?」【漢方】

医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)でございます。

当院にご興味下さり、誠にありがとうございます。

 

 

Q:「香蘇散(こうそさん)はどういう漢方ですか?」

 

 

A:理気剤(順気剤)の有名な方剤の1つで、もっとも虚証の場合に用います。

 

 

漢方薬は、「なんとなく体に優しそう」というイメージもあり、とっつきやすいところがメリットかと思います。

どうしても味が苦いのと(これも漢方によりますが)、基本的には粉であることを乗り越えていただけるのであれば、治療の選択肢の1つになると思います。

漢方薬は、保険収載(保険適応されるもの)されているものだけで100種類以上あり、心療内科、精神科といったメンタルの領域で有名な漢方もいくつもあります。

 

 

<分類>

香蘇散は、理気剤(順気剤)の有名な方剤の1つです。

ここでは、理気剤について解説します。

理気剤は、「気」の症状がある方に用いる方剤です。

 

「気」とは、「気血水(津液)」の「気」です。

和漢(日本漢方)では、「気血水」と言い、中医学(中国医学)では「気血津液」と言います。

気血水は体内を循環しており、病はその異常によって起こると考え、それを整えることが治療につながると考えます。

気の役割は、以下となります。(難しいので、飛ばしていただいても構いません。)

1.推動:成長・発育、生理機能・代謝の推進、津液・血の運行の原動力、気の運行

気によって身体は成長し、血水を全身に循環させているのも気です。

2.温煦(おんく)・気化:体温調節、体温維持、気血水の運行の基礎

身体全体を温めます(温煦)。これは単に身体を熱くするという意味以外に、それによって生体機能が維持され、推動作用の基礎ともなり、身体全体の陽気の基礎ともなります。

また、冷たく重いものを温めて軽くし(気化)、身体の上方に上昇するようにしています。これによって、血水が運行されることとなります。

3.化生:物質転化(消化吸収、ガス交換、気血水を生成)

気は、気自身はもちろん、血水を作る能力があります。

化生作用とは、循環するものの生成や貯蔵物を利用可能なものに転化することを意味します。

消化吸収、合成、呼吸のガス交換もこれで説明できます。

生成機能にかかわるので、身体全体の陰の基礎とも言えます。

4.防衛:病邪の排除、包囲吸収(免疫機能)

気は、表層で外邪の侵入を防いだり、侵入したものを攻撃、排除します。

内部に侵入した外邪や内部で発生した内邪は、包囲吸収して消滅、固定させ、周囲への影響を阻止します

これは現代の免疫学の基礎とも非常に近いところがあります。

5.固摂・統血:漏出・排泄過多の防止、排泄・分泌の統制(発汗調節、止血、排尿調節)

固摂(こせつ)作用とは、汗腺の調整や、タンパク質や糖などの身体に必要な物質が外部に漏出しないようにする働きを指します。

これは排尿や大便も含まれ、その調整を気が行っていることとなります。

漏出防止だけでなく、逆に程度に放出したりする役割も有しています。

固摂は、身体の内外の漏出に対して用いられ、統血は血管外に「血」を漏出させない働きを指します。

 

長くなりましたが、理気剤とはこういった気の流れの乱れを改善させるものを指します。

理気剤には、気の動揺に用いられる動的なものと、気の鬱滞に用いられる静的なものがあります。

静的なものは、体の一部に痞えや閉塞性を感じるもので、いわゆる抑うつ状態につながります。

動的なものは、気分の浮き沈みが激しく、躁的なものをイメージします。

理気剤の中で、半夏厚朴湯、梔子豉湯(しししとう)、香蘇散(こうそさん)は気の鬱滞に用いられ、柴胡加竜骨牡蛎湯、柴胡桂枝乾姜湯、桂枝加竜骨牡蛎湯は気の動揺に用いられ、釣藤散(ちょうとうさん)、甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)は気の動揺と鬱滞の両方に、麦門冬湯(ばくもんどうとう)は気の上逆による咳嗽(せき)に、小柴胡湯、加味逍遙散は、潔癖症などに用います。

なお、心療内科、精神科といったメンタルの領域では、この理気剤のほかに、駆瘀血(おけつ)剤、承気湯類も、用いられます。

 

 

前置きが長くなりましたが、今からようやく本題の香蘇散(こうそさん)の解説をしたいと思います。

 

香蘇散は、気が鬱滞しているときに用いられる方剤のうち、もっとも虚証向けです。

胃腸虚弱、気鬱、心窩部が痞え、胸が気持ち悪く、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、嘔吐、食思不振などがある場合に用いられます。

特に胃腸虚弱で、腹満、腹痛、悪心、嘔吐などがある場合に適しています。

虚弱神経質な人の初期の風邪症状にも用いられます。

神経質、精神不安のほか、魚や薬の中毒に用いることもあります。

 

参考病名一覧:

神経衰弱、ヒステリー、ゆううつ、不眠、神経質など、心療内科、精神科といったメンタル領域

アレルギー性鼻炎、蓄膿症、そのほかの鼻疾患

腹痛、胃カタルなどの胃腸、消化器疾患

血の道、月経困難症などの婦人科疾患

魚などの食中毒、薬類そのほかの中毒、蕁麻疹など

 

 

<原典>

和剤局方・巻之二・治傷寒には次のような記載があります。

四時の温疫、傷寒を治す。

 

 

<構成生薬>

香附子(こうぶし) 4.0g

蘇葉(そよう) 2.0g

陳皮(ちんぴ) 2.0g

甘草(かんぞう) 1.5g

生姜 1.0g

 

君薬はもちろん、蘇葉です。

 

蘇葉は、紫蘇(しそ)と同義です。

シソ - Wikipedia

シソ科のシソ、またはその他近縁植物の葉で、ときに枝先が混じります。

 

1.散寒解表

風寒表証の頭痛、発熱、悪寒、無汗などの症状に用いられます。

これが香蘇散です。

2.理気寛中

脾胃気滞による腹満、悪心、嘔吐などに用いられます。

これが半夏厚朴湯です。

3.行気安胎

気滞、気鬱による胎動不安(切迫流産)や妊娠悪阻に用いられます。

4.解魚蟹毒

魚介類の中毒で、悪心、嘔吐、下痢、腹痛がみられる場合に用いられます。

 

ご興味のある方は、診察時にご相談ください。

今後とも、医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)をよろしくお願いいたします。

0
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました