【心療内科薬紹介】「柴胡加竜骨牡蛎湯とはどういう漢方ですか?」【漢方】

医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)でございます。

当院にご興味下さり、誠にありがとうございます。

 

 

Q:「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)とはどういう漢方ですか?」に、お答えします。

 

 

A:体力は標準レベルで、動悸、不眠、イライラなどに悩まれている方に用います。

 

 

漢方薬は、「なんとなく体に優しそう」というイメージもあり、とっつきやすいところがメリットかと思います。

どうしても味が苦いのと(これも漢方によりますが)、基本的には粉であることを乗り越えていただけるのであれば、治療の選択肢の1つになると思います。

漢方薬は、保険収載(保険適応されるもの)されているものだけで100種類以上あり、心療内科、精神科といったメンタルの領域で有名な漢方もいくつもあります。

 

 

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、体力は標準レベルで動悸、不眠、イライラなどに悩まれている方に用います。

 

エキス製剤の番号は12番です。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯は、柴胡剤の1つとして分類されます。

柴胡剤とは、柴胡が入っている方剤(処方)を言います。

柴胡(さいこ)は生薬の1つで、漢方薬を知るうえで大変重要です。

セリ科のミシマサイコ、またはその変種の根です。

400 Bad Request

Wikipediaにもあるように、この学名の由来はまさに日本で、ミシマとは現在の静岡県の三島に由来します。

ただ乱獲が原因で、現在日本原産のものは少なく、輸入が多くなっています。

効能は、配合によって異なり、大変幅広いのですが、特に精神領域において、疏肝解鬱といって、肝気気滞を開通させる効果があります。

目印は、肋骨の下の痛み、苦しみ、圧痛で、これを胸脇苦満(きょうきょうくまん)と言います。

特に右側の肋骨の下には肝臓がありますので、柴胡は肝臓に作用して、その痛みをとり、滞っていた気の流れを開通させ、精神安定を目指すわけです。

解毒作用とも言え、体質改善にもつながります。

西洋医学の病名で言うところの、肝機能障害、肝炎、肝硬変、胆嚢炎、胆石などの肝臓の疾患に始まり、肋膜炎、膵臓疾患、肺疾患、リンパ腺炎、そして、胃酸過多、嘔気、嘔吐、食思不振、精神不安、不眠症などの精神領域まで、幅広く用いられます。

 

 

柴胡加竜骨牡蛎湯は、その名の通り、柴胡に「竜骨」「牡蛎」を加えています。

 

竜骨は、安神薬(あんしんやく)の1つです。

安神薬とは、安神定志といい、精神安定、鎮静の効果を指します。

安神薬は2種類あり、重量の重い鉱物類・介類で鎮めて怯えを除く重鎮安神薬と、植物薬で養心滋肝に働く養心安神薬があります。

竜骨、牡蛎は前者となります。

 

竜骨は、古代(主に新生代)の大型哺乳動物の化石です。

種々の原動物が知られていますが、ゾウ、サイ、ウマなどがあります。

牡蛎は、イタボガキ、マガキなどの貝殻です。

 

竜骨、牡蛎は効能が似ており、この両者を柴胡に加えることで、精神安定の効果を強めていいるわけです。

 

 

原典である、傷寒論・太陽病中篇には、次のような記載があります。

「傷寒八九日、之ヲ下シ、胸満、煩驚、小便不利。譫語、一身コトゴトク重ク、轉側スベカラザル者ハ、柴胡加竜骨牡蛎湯之ヲ主ル。」

 

柴胡加竜骨牡蛎湯には、上述の胸脇苦満以外にも、心下痞硬(しんかひこう)といい、気の動揺が強い場合などにみられるみぞおちの苦痛なども目安となります。

排尿は減り、身体が重く、動けないなどと感じる状態にもよいとされます。

 

 

ご興味のある方は、診察時にご相談ください。

今後とも、医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)をよろしくお願いいたします。

0
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました